目次のブログ
徒然的草子 ~ 気ままな日記 ~
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター

今は何人?

      
プロフィール

ろーる

Author:ろーる
女は30からが旬っ!(仲間由紀恵より)

07’4月にイギリスから帰国し、何とか就職も決まり
新たな目標を模索中!!

コメントお待ちしています☆
ドンドン足跡残していってください!!!

カテゴリー
最近の記事+総記事数
全タイトルを表示
最近のコメント
今、何時?
 
お勧めサイト☆
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Lc.追いタイトル
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーリークロスにキャリーバック。

お次はホーリークロス教会

DSC06855.jpg

1956年にたてられた教会。
ここもボルテックスの1つ。

DSC06848.jpg

中もものすごい素敵。
礼拝堂の下にはギフトショップ。
かわいい小物がいっぱいで目移りしちゃった。

DSC06863.jpg

礼拝堂を外から見るとこんな感じ。
威厳を感じるよね~

ボルテックス巡りはこれにて終了!
ここからはショッピングタイム

まずはトムお勧めのお店。

DSC06872.jpg

ここ最高に楽しいお店っ!
なんだかよくわからないコンセプトだけど
見てるだけでめちゃめちゃワクワクする~

ビレッジヴァンガードのどデカイ版見たいな感じ?
本は置いてないけどね。(笑)

DSC06869.jpg

も~、かわいすぎるっ!!
持って帰りたいけど、重量オーバーだ~!

DSC06881.jpg

お次はセドナの中心地。
ここもかわいいお店が多くて時間が足りないっ!

パワースポットだけあってパワーストーンのお店も多いね。
その中で、なぜか私は手荷物用のキャリーケースを購入。

ラスベガスのホテルでも同じもの見かけて「いいなぁ~」と思ってたけど
荷物が増えるからと諦めてた。
でも、ここで再会するのは何かの縁!

即、購入。

あぁ~、時間が足りない!
もうトムのところへ戻らねば・・・

最後にアイスを買ってお買い物タイム終了~。


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!
スポンサーサイト

爽やかな夏。「風待ちのひと 」

風待ちのひと (ポプラ文庫)風待ちのひと (ポプラ文庫)
(2011/04/06)
伊吹 有喜

商品詳細を見る


内容紹介
“心の風邪”で休職中の39歳のエリートサラリーマン・哲司は、
亡くなった母が最後に住んでいた美しい港町、美鷲を訪れる。
哲司はそこで偶然知り合った喜美子に、
母親の遺品の整理を手伝ってもらうことに。
疲れ果てていた哲司は、彼女の優しさや町の人たちの温かさに触れるにつれ、
徐々に心を癒していく。
喜美子は哲司と同い年で、かつて息子と夫を相次いで亡くしていた。
癒えぬ悲しみを抱えたまま明るく振舞う喜美子だったが、哲司と接することで、
次第に自分の思いや諦めていたことに気づいていく。少しずつ距離を縮め、
次第にふたりはひかれ合うが、哲司には東京に残してきた妻子がいた――。



職場の方が貸してくれたお気に入りの作品。

貸してくれた人は「何度も読み返したくなる」と言ってたけど
私的にそれほどでも・・・

たしかにさわやかな風が吹き抜ける作品だけど
後半から雲行きは怪しくなるし、結末も微妙・・・

でも、本当に途中まではすがすがしくて、大人の夏休みって感じ。


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!

ベルロックで瞑想・・・

腹ごしらえがすんだらボルテックス巡り再開。

DSC06809.jpg

ベルロック
エアポート・メサからも見えてたメサ。

ここは頂上まで上ることができるんだって。
トムに「どうする?」と聞かれたけどムリムリ! (ヾノ ° Д°;)ノムリムリムリ・・・

DSC06811.jpg

はじめは平坦な道だったけど
さすがロックというだけあって途中からは崖のぼり・・・
日も昇ってきて、いい感じに汗ばんできた

DSC06817.jpg

中腹まで来てかなりの疲労度・・・
それなのにトムは「もうちょっと上まで行きましょう!」と・・・

ここでよくない? (; ̄д ̄)ハァ↓↓

それでもトムは「もう少し行ったほうがいいから」
と、更にロッククライムをしていく・・・

DSC06835.jpg

わぁー!!
めちゃキレイ!

さっきからもう一段階上の中腹に来ただけなのに景色が全然違う!

さすがトム!
現地ガイドの言うことは間違いないね。

時間はよく間違えるけど・・・ ( ̄  ̄;) 

DSC06831.jpg

「少し休憩していこう」と言ってくれたから瞑想タイム・・・

379751_10200413706824447_4628717_n.jpg

手前がワタクシ、奥がYちゃん。

1503423_10200413705504414_2095820317_n.jpg

Yちゃんは悟りの境地へ行ってしまったかのよう・・・

ボルテックス効果なのか、とても気分がすがすがしい。
体がスッキリと言うより、気持ちがスッキリした感じ。
頭の中のもやが晴れた感じかな。


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!

ワッフルメーカー。

朝食も食べずに極寒の中朝日鑑賞だったから、おなかペッ子ペコ!

ジャグジーのときにこれも教えてくれたんだけど
ここでは朝食でワッフルが作れるんだって。

作れる??と思ったけど、一目瞭然だね!

DSC06798.jpg

ワッフルメーカーがあって、各自で作る仕組み。

これ、テンション上がるよ~

DSC06797.jpg

出来上がりはこんな感じ。
いい感じにまわりがパリパリで、中はふんわり。
メープルもかければ最高の贅沢っ!!

もう一回作りたかってけど、結構ボリュームがあって
食べるのは無理と断念・・・。


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!

エアポート・メサ。

ラスベガス5日目。最終日。

今日はセドナのボルッテクス巡り
ま、パワースポットめぐりだね。

朝一で向かったのはエアポート・メサ

空港の近くにあるからこの名前。
メサはスペイン語でテーブル。
侵食によって形成されたテーブル状の台地のこと。

DSC06716.jpg

空港の近くってことで車でふもとまで行けちゃうんだよね。
ここで朝日を見るので夜明け前です・・・

ふもとにはすでに車が10台ほど。
止める場所が少ないから早めに来る人も多いとか。

ぎりぎり端っこに止めれて、いざ登山。

DSC06720.jpg

こんな感じの道を15~20分程度。
トムは先週来たとき足を滑らせて手をついたらサボテンに直撃して
サボテンのとげが刺さったんだって!

かなり硬いとげだから気をつけて散々言われた。

このメサのふもとに生えてる木々は幹や枝が曲がってるものが多くて
それはメサが放ってるパワーの向きらしい。

たしかに同じ方向に曲がってる・・・

早朝、寝起きに20分の登山は結構しんどいけど
上りきった景色は最高っ!!

DSC06723.jpg

セドナを一望できる景色に感激っ!!

・・・でも、
 猛烈に寒い.....


DSC06752.jpg

こんな感じの断崖絶壁。
景色がよく見える分周りに何もないので強風が直撃。

どこにいても 寒い です・・・ ((((;゚Д゚))))サムー

DSC06766.jpg

だいぶ日が昇ったけど、エアポート・メサからはまだ朝日確認できず・・・
豪華に気球から鑑賞してる人たちもいるみたい。

DSC06773.jpg

ようやく光が強くなりだした!
ひこうき雲もいい感じ。

DSC06780.jpg

やっと昇った!!

・・・はい、下山。

下山はするすると簡単。
ただ、下りのほうが滑りやすいから要注意。
トムもサボテンにやられたのは帰り道だったしね。

DSC06788.jpg

こんな暴力的なとげ。
刺さったら貫通しちゃうよ~


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!

なぜエトロフ?「エトロフの恋」

エトロフの恋 (新潮文庫)エトロフの恋 (新潮文庫)
(2007/02/28)
島田 雅彦

商品詳細を見る


内容紹介
そこは、困難な恋を戦った者を待ちうける約束の地なのか。
不二子をうしない、天賦の美声も奪われたカヲルは、
生ける死者として最果ての島にたどり着く。
すべてが終わったかにみえた刹那、奇蹟の恋はカヲルの前に最後の扉を開いた……。
百年四代にわたる恋の遺伝子の行方を、日本近代史のなかに描く
史上最強の恋愛三部作「無限カノン」。
恋に倦んだ大人たちを挑発しながら堂々の完結へ!



ん~・・・。
三部作の終刊としては微妙・・・

2作目が一番盛り上がってたかな?
択捉へ行く意味もよく分からず・・・


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



皇室はタブーじゃない!「美しい魂」

美しい魂 (新潮文庫)美しい魂 (新潮文庫)
(2007/01/30)
島田 雅彦

商品詳細を見る


内容紹介
東海岸に渡った不二子を追い、ついに想いの丈を伝えたカヲルは、
この恋にふさわしい男になるため、天性の美声をさらに鍛えることを決意する。
しかし、このときはまだ、静かな森の奥で、美しく成長した不二子を見つめる、
比類無き恋敵の存在には気づいていなかった……。
血族四代が悲恋の歴史を刻む〈無限カノン〉の物語は、
甘美なる破滅の予兆をたたえ、禁断の佳境へ深く踏み込んでいく。



蝶々さんからかなり時代が進んで、昭和。
時代背景がリアルだから勝手に皇太子ってまさか?
って思って読んでしまった・・・

昭和を舞台に皇室の婚姻に関係する小説を読んだことがなかったから
これはタブーじゃないんだ!と新発見!

不二子とのすれ違いがドキドキ感を増して先がものすごく気になる!!


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



蝶々さんって?「彗星の住人―無限カノン〈1〉」

彗星の住人―無限カノン〈1〉 (新潮文庫)彗星の住人―無限カノン〈1〉 (新潮文庫)
(2006/12/22)
島田 雅彦

商品詳細を見る


内容紹介
一八九四年長崎、蝶々さんと呼ばれた芸者の悲恋から全てが始まった。
息子JBは母の幻を追い、米国、満州、焼跡の日本を彷徨う。
三代目蔵人はマッカーサーの愛人に魂を奪われる。
そして、四代目カヲルは運命の女・麻川不二子と出会った刹那、
禁断の恋に呪われ、歴史の闇に葬られる。恋の遺伝子に導かれ、
血族四代の世紀を越えた欲望の行方を描き出す画期的力篇「無限カノン」第一部。



島田作品、3部作の1作目。
これはフィクションなの?と思ってしまうほど内容がしっかりしてる。

お蝶婦人の話はほとんど知らなかったけど
知らなかったからこそじっくり読めたかな。


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



一気に読みたい!「黒い春」

黒い春 (幻冬舎文庫)黒い春 (幻冬舎文庫)
(2005/10)
山田 宗樹

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
覚醒剤中毒死を疑われ監察医務院に運び込まれた遺体から未知の黒色胞子が発見された。
そして翌年の五月、口から黒い粉を撤き散らしながら絶命する黒手病の犠牲者が全国各地で続出。
対応策を発見できない厚生省だったが、一人の歴史研究家に辿り着き解決の端緒を掴む。
そして人類の命運を賭けた闘いが始まった―。傑作エンタテインメント巨編。

内容(「MARC」データベースより)
5月になると死亡者を出す未知の真菌症-黒手病。厚生省で急遽研究チームが召集され、
監察医の飯守も一員に加わるが、謎を追究していくうちに一人の歴史研究家にたどりつく-。
極限状態の中で戦う男たちの人間ドラマ。



素晴らしいっ!!
読み応え抜群の作品です!

山田作品らしく人物がリアルに感じるし、読み込まれて現実の問題のように感じちゃうほど。

切なさが残るけど、さわやかな終わりも感じがいいです!


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



梨木ワールド全開!「f植物園の巣穴」

f植物園の巣穴 (朝日文庫)f植物園の巣穴 (朝日文庫)
(2012/06/07)
梨木 香歩

商品詳細を見る


内容紹介
『家守綺譚』『沼地のある森を抜けて』の著者が動植物や地理を豊かにえがき、
埋もれた記憶を掘り起こす長編小説。 月下香の匂ひ漂ふ一夜。
植物園の園丁がある日、巣穴に落ちると、そこは異界だった。
前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、愛嬌のあるカエル小僧、
漢籍を教える儒者、そしてアイルランドの治水神と大気都比売神……。
人と動物が楽しく語りあい、植物が繁茂し、過去と現在が入り交じった世界で、
私はゆっくり記憶を掘り起こしてゆく。自然とその奥にある命を、
典雅でユーモアをたたえた文章にのせてえがく、怪しくものびやかな21世紀の異界譚。

内容(「BOOK」データベースより)
月下香の匂ひ漂ふ一夜。歯が痛む植物園の園丁は、
誘われるように椋の木の巣穴に落ちた。
前世は犬だった歯科医の家内、ナマズ神主、烏帽子を被った鯉、
アイルランドの治水神と出会う。動植物と地理を豊かに描き、
命の連なりをえがく会心の異界譚。



不思議すぎ・・・
でも、嫌いじゃないこの世界観。

読んでると熱でうなされてる時のように
不思議な世界へ連れて行ってくれる感じ。

理解して読むことはできなかったけど、やっぱり好きだなぁ~
梨木ワールド。


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



最後も色々。「最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。」

最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)
(2008/11/27)
阿川 佐和子、沢村 凜 他

商品詳細を見る


内容紹介
もはや、少年少女が出会うような、初々しい恋じゃない。
変わらない恋心なんてない、そんなのとっくに知っている。だけど……。
大人になっても「こんなの初めて」ってあったんだ。
すれ違いや別れをくり返してきた彼らだけが知る、
「最初で最後」のかけがえのない瞬間たち。
8人の作家が描き出す、経験してきたすべての恋を肯定したくなる珠玉のアンソロジー。
最後の恋、それはつまり、自分史上最高の恋。



それぞれの作家さんの味が出てて面白かった!
『最後』の捉え方がそれぞれで、心温まるお話もあれば
切なくなるお話も・・・

いろんな『最後』で面白いです。


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



待ってました!「丕緒の鳥 十二国記」

丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)
(2013/06/26)
小野 不由美

商品詳細を見る


内容紹介
「絶望」から「希望」を信じた男がいた。慶国に新王が登極した。
即位の礼で行われる「たいしや大射」とは、鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。
陶工である丕緒(ひしょ)は、国の理想を表す任の重さに苦慮する。
希望を託した「鳥」は、果たして大空に羽ばたくのだろうか──
表題作「丕緒の鳥」ほか、己の役割を全うすべく、走り煩悶する、
名も無き男たちの清廉なる生き様を描く短編4編を収録。

内容(「BOOK」データベースより)
「希望」を信じて、男は覚悟する。慶国に新王が登極した。
即位の礼で行われる「大射」とは、鳥に見立てた陶製の的を射る儀式。
陶工である丕緒は、国の理想を表す任の重さに苦慮していた。
希望を託した「鳥」は、果たして大空に羽ばたくのだろうか―
表題作ほか、己の役割を全うすべく煩悶し、
一途に走る名も無き男たちの清廉なる生き様を描く全4編収録。



本屋で見かけて即購入!
小野不由美最新刊!!

完全なる続編でないのがちょっと残念だったけど
それでも景王の人となりが分かる作品。

すでに2回読み直しちゃったよ。


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



迷いも悟りもナシ!「迷い婚と悟り婚」

迷い婚と悟り婚 (PHP新書)迷い婚と悟り婚 (PHP新書)
(2012/08/11)
島田 雅彦

商品詳細を見る


内容紹介
結婚も恋愛も就職も困難な時代に突入した。
不景気ゆえ収入も減り、異性とうまく付き合えない男女が増えているという。
「まるで戦時下か」とつっこみを入れたくなるほどのわが国の現状だ。
しかし、よく結婚相談を持ちかけられるという著者は、
「迷っても、結婚はしたほうがよい」と言い切る。なぜか。
本書は、結婚をすすめる7つの理由から始まる。
子供が作れる、食卓を囲むことができるなど、デメリットよりもメリットが勝るからだ。
また、今日は三高から三低、三平に変わり、美醜にこだわると多様性が確保できないと説く。
さらに、セックスレスの克服法を紹介し、同性愛にも理解を示す。
終章では、大学の先輩後輩の仲であるタレントの光浦靖子さんとの対談を掲載した。
テレビで見るキャラとは違う、光浦さんの本音のトークが結婚の難しさを示している。
恋愛、結婚に踏み切れないすべての男女に読んでもらいたい、なんでもありの結婚論である。

内容(「BOOK」データベースより)
異性とうまく付き合えない男女が増加しているという。
それゆえ、多くの男女が結婚を望んでいても、なかなか結婚に踏み切れない。
著者は「迷っても、結婚はしたほうがよい」と断言する。なぜ、そう言い切れるのか。
詳しくは本文を読んでいただくとして、本書は、
結婚に躊躇する「迷い婚」に対して解決策を提案するとともに、
結婚をありのままに捉え悟ってもらうことを目的にしている。
結婚に対して意識を変えてもらい、異性にチャレンジする必要性を説く。
さまざまな結婚模様と結婚生活を楽しむ術を伝授する。



題名だけで読みたくなっちゃった。
ま、結婚に迷ってることもまったくないのですが・・・

光浦靖子との対談も興味深い!
「あぁ、分かるぅ~~」とうなずかされる作品でした。


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



爽やか思春期。「リズム」

リズム (角川文庫)リズム (角川文庫)
(2009/06/25)
森 絵都

商品詳細を見る


内容紹介
中学1年生のさゆきは、小さい頃から近所に住んでいるいとこの真ちゃんが大好きだった。
ある日、さゆきは真ちゃんの両親が離婚するかもしれないという話を聞き……。
講談社児童文学新人賞を受賞した、幻デビュー作!
内容(「BOOK」データベースより)
さゆきは中学1年生。近所に住むいとこの真ちゃんが、小さい頃から大好きだった。
真ちゃんは高校には行かず、バイトをしながらロックバンドの活動に打ち込んでいる。
金髪頭に眉をひそめる人もいるけれど、さゆきにとっては昔も今も変わらぬ存在だ。
ある日さゆきは、真ちゃんの両親が離婚するかもしれないという話を耳にしてしまい…。
第31回講談社児童文学新人賞、第2回椋鳩十児童文学賞を受賞した、著者のデビュー作。



森さんらしい思春期の時期の青い感じがさわやかな作品。
ちょっとしか違わない年の差なのにものすごく大人に見えることあったね~


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



さわやか少年の日記。「君が壊れてしまう前に」

君が壊れてしまう前に (ピュアフル文庫)君が壊れてしまう前に (ピュアフル文庫)
(2006/09)
島田 雅彦

商品詳細を見る


内容紹介
かつて14歳だったあなたへ。いま14歳の君に。
ぼくのまわりは敵だらけだ。
でもそんなぼくに謎の教師が教えてくれた、世界とうまく戦うコツを??。

内容(「BOOK」データベースより)
14歳のぼくの毎日は、『ゴールドベルク変奏曲』のように、少しずつ変化しながら反復される。
未来への漠然とした期待と不安を抱えながら―。
静かに暴走する少年の日常を淡々とコミカルに綴る、
「ブログ文学」に先んじた日記形式の物語。
永遠の青二才・島田雅彦が、今14歳の、
そしてかつて14歳だったすべての人に贈る、半自伝的(?)青春巨編。



日記とかエッセイって苦手だけど
この作品は日記形式の小説。

大筋が小説なのでかなり読みやすかった。

少年の切なさも感じられてさわやかな作品です。

  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



お風呂前にびしょ濡れ・・・

セドナの宿はモニュメントバレーのホテルと違って
ホテルと言うよりモーテル。

トム曰く「ここはプールやジャグジーもあるよ。」と。
夏ならともかくこの季節にプールなんてあり得ないよぉ~!!

トムが散々昨日のホテルに比べてキレイじゃないよと言ってたから
まったく期待せずに部屋に入ると、結構広くてキレイじゃん!

たしかに高級感はなくてモーテルっぽいけど
今までの貧乏旅行に比べれば全然キレイ!

写真がないのが残念だけど・・・

そそくさとお風呂の準備に取り掛かると、湯船に不思議なボタン。
お湯を貯めてる途中だったけどYちゃんと「何のボタンだろう・・・?」
と、その不思議ボタンをプッシュしたとたん湯船からものすごい勢いで
お湯が巻き散らかされたっ!!∑(〇Д◎ノ)ノ

Yちゃんは何とか逃げたみたいだけど、私はお湯もろかぶりでビッショビショ。
あまりのことに驚いて2人で大笑い!!

あのボタンはどうやらトムが言ってたジャグジーのボタンだったみたい。

私はてっきりプールにジャグジーがあると思ってたから
まさかお風呂にジャグジーボタンがあるなんて・・・

はぁ~
お風呂に入る前からびしょ濡れですわ!
まき散らかされたお湯のせいでタオルもトイレットペーパーも濡れちゃった・・・

苦しいほど大笑いした後は、しっかりジャグジーで癒されました~


  ← ポチッとお願いしますっ!

  ← ポチッとお願いしますっ!



☆★Translation★☆
目次ですっ!
次へ~ Goッ!
ブログ内検索
ランキングサイト♪

登録しているランキングサイトですっ!
ポチっとクリックお願いします♪





ランキングオンライン






ブログ人気ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
 

レッツ、イングリッシュっ!

イングリッシュアイランド


アメリカの子供たちが使ってる
英単語のゲーム!


TOEICスコアがすぐわかる!

さぁ、やってみよう!
自分のサイトのアクセスアップを一緒に目指しましょうっ!


ネットでかんたんアルバイト!
コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録
開始依頼、2万人が登録している コムズリンクスタッフは、ユーザに優しいアフィリエイトを目指します。


アフィリエイトサービスプロバイダー。 
登録も簡単!ワタクシも登録してます!

LinkShare アフィリエイト
アフィリエイトサービスプロバイダー。
一円からの報酬もありますっ!
是非登録をっ!

旅行に行くなら・・・
安い航空券をGET!



楽天で旅行へ...
楽天トラベル

旅立つときは...


ビーチリゾートをはじめとする
格安ツアー満載!

☆★お買い物★☆
海外旅行に行くたびチェックしますっ!

バナー 10000003

これはお得っ♪
懸賞が豪華! 1000万円も当たるかも・・・


フルーツメール

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ページ別ランキング!

Follow my blog with Bloglovin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。