目次のブログ
徒然的草子 ~ 気ままな日記 ~
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター

今は何人?

      
プロフィール

ろーる

Author:ろーる
女は30からが旬っ!(仲間由紀恵より)

07’4月にイギリスから帰国し、何とか就職も決まり
新たな目標を模索中!!

コメントお待ちしています☆
ドンドン足跡残していってください!!!

カテゴリー
最近の記事+総記事数
全タイトルを表示
最近のコメント
今、何時?
 
お勧めサイト☆
最近のトラックバック
月別アーカイブ
Lc.追いタイトル
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人さん・・・

最近はホントに忙しいっ!!! _s(・`ヘ´・;)ゞ..
1ヶ月前に入った新人さんが物覚えが悪くて全く使えず、
他のスタッフの負担が多くなって、私もそのとばっちりを受けているんです・・・

1ヶ月前には行った新人さんは2人。
そのうちの1人はもう独り立ちして、1人でpatientを受け持ってるのに
もう一人の子はまだろくにベッドメイキングも出来ない・・・

1カ月経ってベッドメイキングも出来ないってどういうことっ!?
私たちは言葉の壁があったのに1ヶ月も経たずに独り立ちさせられたのにっ!
物覚えが悪いにもほどがあるっ!!!

昨日なんてもっとひどく、普段なら4~5人でやる仕事をほとんど2人でやってた。

と言うのも、ROOM14~25の担当になったのが私とスタッフ1人とその使えない新人さん。
どう頑張っても午前中には終わらないんじゃないですかっ!? (-ω-;)ウーン

今日はまだいい方で、私の他にスタッフが2人いてそれにその新人さん。
昨日に比べれば少し余裕を持って出来たかな?

でも、その新人さんは仕事をしないわけではないんです。
ちゃんとナースコールには出るし、やろうという気はあるんだけど
あまりに物覚えが悪くて覚えられないだけ。
PATIENTにも優しいし、逆にPATIENTと話しすぎて仕事が遅いのもあるけど・・・

早く仕事を覚えて独り立ちしていただきたいです。



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





スポンサーサイト

クレーム

あるところからこのブログに対してクレームを頂きました。
そのため、一部記事を訂正いたしました。

不愉快な思いをさせるつもりは無かったのですが、
結果的にそういう思いをさせてしまったことを反省しています。

今後、記事を書きには十分に注意を払い続けていきたいと思います。

WASHING MACHINE

やっとWASHING MACHINEが直った!!!

Milfordに来てからずっと調子の悪かった洗濯機。
脱水だけがかからず、洗濯が終わっても水浸し・・・
しかも、洗濯機の扉が開かないことも・・・・・・

そんな洗濯機がようやく直った!!

まずは試しにバスマットを洗ってみると、ちゃんと脱水もきいて
ボタボタ落ちる水もないっ!

コレが洗濯機だよね♪

私が来る前から調子が悪かったって言うから、相当前からだよな・・・
何度も修理してと言ってたんだけど、忘れ去られてやっと今。

直してくれた人いわく、排水チューブにヘアピンが5本詰まってて
そこに髪の毛やらほこりやらが詰まって脱水できなくなってたんだってさ。

ま、何にせよ直ったならそれでいいですっ! 、( ̄▽ ̄)V イェーイ!!



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!







久々Lymington。

Day Offだったので久々Lymingtonまでチャリンコでお出かけ。
食材も無くなってきてたし、日記用のノートももう少しで終わっちゃうので
それを買うために30分のサイクリング。

小雨に打たれながらもどうにかLymingtonへ到着。
でも、日曜日なので小さい個人店はほとんどお休み。
以前ノートを買ったかわいらしいお店ももちろんお休み・・・

ま、とりあえず先に食材の買い物を先に済ませようと節約生活の見方TESCOへ。
今日の手持ちは£6ちょっと。
考えながら買わないとオーバーしちゃう・・・

いろいろ考えながら大まかな計算を頭の中でして、会計に持っていくと£6ちょっと。
あぶなかったぁ~ ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

大荷物になると思ってたので、リュックで来て大正解っ!
買った荷物をリュックに詰めて、チャリンコをこぎだして出発。

少し走ったところで何か忘れてるなぁ~・・・と思って考えると
一番の目的の日記用ノートを買い忘れてたっ!! (*゜ロ゜) ハッ!!

もう数ページしか残ってないから今日買わないと無くなっちゃうっ!!!

TESCOまで戻るより近くに新しく出来たスーパーがあったので、そこに駆け込んで
文具コーナーのノートを見ると£2,4と以外に高い・・・

今の所持金は86p・・・

この所持金で買えるノートはないかと探し回ったら
下の段の隅のほうに80pのノートを発見っ!

ものすごくちゃっちくて、可愛くもなんともない安っぽいノートだけど
日記が書けなくなるのには変えられないと思ってなけなしのお金を出してお買い上げ・・・

あぁ~・・・
もっと早くに買っておけば安くて可愛いノートが買えただろうに・・・
今度買うときはもっと早めに買っておこ・・・・・・

ちょっぴり落ち込みながら必死にチャリをこいで帰る。
でも、リュックに入れた食材が重すぎてなかなか思うように進まないっ!

やっとのことでMilfordまで帰ってきたときには疲れ果ててお尻がものすごく痛いっ!
Flatに入ってまずした事はリュックの重さを量ること。
体重計の目盛りを見ると「10kg」だってっ!!! ( ̄ェ ̄;) エッ?

そりゃ重いはずだよっ!
自分の体重プラス10kgなんて重いはずだわっ!!!
お尻も痛くなるっつーの!!!



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





学習あるのみっ!

afternoonの勤務。
でも、メチャメチャ忙しかったっ!!! ンモォー!! o(*≧д≦)o″))

ナースコール鳴りっぱなしで、多い時なんて一度に4人とか・・・
スタッフは私含めて3人しかいませんよぉ~
しかも一人は休憩中でぇ~す。

結局私ともう1人のスタッフで対応するしかありません・・・ ε-(;―ω―A フゥ…

自分の休憩が取れたのはいつも休憩を取る時間より1時間遅れ。
でも、しっかり休憩が取れるだけいいんだけどねぇ~。
休憩が終わるころにはナースコールも落ち着いて静かなもの。

暇になったのでAmsterdamへ行ったことをPATIENTの1人と話そうとの部屋にお邪魔することに。

このPATIENTはオランダ出身なのでAmsterdamのことも知ってるはずだと思って。

案の定、話を楽しそうに聞いてくれたけど、私の英語がつたなすぎて
なかなか分からないところもあったみたい。

PATIENTからの質問も多くて、
「どうやって行ったの?」、「どこから出発したの?」「飛行機には乗ったの?」、
「誰と行ったの?」、「どこを見に行ったの?」、「Amsterdamはどうだった?」
と答える暇なんて与えてくれませんっ! 

答えに詰まって、説明できないと思って
「ゴメン、私英語で説明できない。」と言うと
「まぁ!ろーるはもっと英語を勉強した方がいいわっ!学校へ通うべきよっ!!」
と言われてしまいました・・・

はい...
おっしゃるとおりだと思います...... llllllρ(   )lllll まっくら~

でも、今から学校に通うなんてなかなか難しいよっ!
アダルトスクールがあったとしても徒歩圏内には無いからバスになるし、
そうするとバス代が高すぎて、それこそ通えない・・・・・・

少しは話せるようになってきたと思ってたけど、それは決まったことだけで
実際普通の会話をしようとすると英単語を知らないから何も説明が出来ない。

語学を学ぶってホント難しいっ!! “( o*>ω<)o”クーーッ


  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





SHOPPING TRIP♪

今日は昼からSHOPPING TRIP。
クリスマスも近いので、PATIENTと一緒にお買い物に行くんです。

行ったのは近くのちょっぴり大きいお店。
ショッピングセンターと言うほどではないんだけど、いくつかのお店があるところ。

入り口にはもうクリスマスムード一色で飾りつけ☆

20061208151618.jpg

中に入ると更にクリスマスグッズだらけ♪
心躍りだしちゃいますっ!!

今回はPATIENTの車椅子押し係。
かわいらしいおばーちゃん担当で一緒に楽しんでました☆

やっぱり始めに見に行きたいと言ったのはカード売り場。
いろんなカードが売ってます。
さすがカード文化のお国ですね。

Tea Timeまで時間があるのでお店の中をグルグルと回る。
ツリーばっかり売ってるコーナーや、飾りばかり売ってるコーナーと
見てるだけで楽しくなってくる。

PATIENTと一緒になって楽しんだのがダンシング・ドールコーナー!
いろんなダンシング・ドールや動く人形があて面白かった♪
2人してキャッキャ・キャッキャ言ってボタン押しまくりっ!!

お店の人も怒りもせずに一緒になって押してくれてたし。

3時になるとお店の中にあるカフェテリアでTea Time。
ココでスタッフも好きなケーキを食べていいって☆ ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

スタッフに「ろーるは何が食べたいの?」と聞くのでいろいろ迷ったけど
「ブルーベリーチーズケーキ!」と。

このケーキがおいしくって~♪ v(≧∇≦)v イェェ~イ♪♪

しかも、1人のPATIENTがケーキいらないと言ったらしくひとつ余ってて他のスタッフと半分個して食べちゃいました。 うふふっ(*゜v゜*)
このケーキはフルーツケーキでこれまたおいしかったぁ~♪

Tea Timeの後はまた少しお店を見て、施設へ戻る。

施設へ着いたときには5時で、ホントは4時までだったので
スタッフに「ちゃんと時間外書いてお金もらいなさいね。」と言われた。

こんな楽しい思いして、ケーキまで食べたのに時間外までもらえるのっ!?
ワーイ♪ゝ(▽`*ゝ)(ノ*´▽)ノワーイ♪

時間外は次のお小遣いと一緒にもらえるのでいくらかは分からないけど
少しでも多くもらえるなら何でもいいですっ!!!

  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!






外国人ですよっ!!!

Doverに着いた後もLondon市内までは爆睡で到着。
コーチ・ステーションには1時間遅れで到着。
ま、London発は13時だからいいけどさ。

13時までの時間潰しはOxford Streetでお買い物。
まだ手袋を買ってなかったので、いい加減買おうと思って。
でも、なかなか気に入るものがなくココでも買えなかった・・・

ブラブラしてるだけでもいい時間になったのでコーチ・ステーションに戻る。
13時発のバスに乗ってSouthamptonへ。

Southamptonでもバスの乗り換え。
18時50分発の1日1便のMilfordへ停まるバス。
でも、Southamptonに着いたのが15時半頃で、ココでも微妙に時間が余る・・・

結局ウィンドウショッピングして時間を潰してバス・ステーションに戻る。

バス・ステーションで待ってると、挙動不審っぽいお兄さんがウロウロしてて
どうしたのかなぁ~って見てたらこっちに近づいてきて、何を言われるかと思ったら
「Southamptonについて知ってますか?道に迷っちゃって・・・」と。


私に聞くんですかっ!!? 
(゜∇゜ ;)エッ!?


だって、明らかに私外国人ですよっ!
周りにはネイティブの人達が10人くらいいるのにっ!?
その選択はかなりの間違いですって!!! アワワッ ヽ( □ ̄ヽ))…((ノ ̄□ )ノ アワワッ

と、思いながらも地図を見せられたので一応考えてみる。
でも、お兄さんの行きたいところは地図外なんだって!

そんなん私説明できませんっ!

とりあえず現在地と駅の場所を教えて、お兄さんの行きたい方向はあっちだと思うって
ジェスチャーとつたない英語で伝えておく。

こんなん、他の人に聞いたほうが的確に教えてもらえただろうに・・・
そんなに話しかけやすい雰囲気があるんかな?

ま、そんなこと以外は何も無く無事Milfordに到着。
Flatに戻るとすぐにお風呂に使って、体の心からあったまる・・・ 
やっぱり緯度の高い方へ行ったからものすごく寒かったんだよねぇ~

次の日から普通に仕事なのでゆっくり休みまぁ~す♪ ヽ(  ̄○)ゞ。o○ファ~~


  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





フェリー沈没っ!!?

おじさんから解放された後は、また他の人に捕まる前に急いで駅へ。
バスの時間にはかなり早かったけど、バス・ステーションで待つことに。

22時出発なのにバス・ステーションに着いたのは7時半ごろ。
まだ2時間半も時間がある・・・ ( ̄-  ̄ ) ンー

でも、外は真っ暗で出歩くことが恐かったのでひたすら待つ・・・

あまりにも寒くて寝ることも出来ず、電子手帳をいじり続けてました。
メチャメチャ暇だったぁ~・・・

小さい風通しのいいバス・ステーションで待ち続けること2時間半やっと出発の時間。
運転手さんは行きと同じ人だった。

乗客が15人しかいなかったので、席も自由に使いたい放題!
だから普通に2席分使って脚伸ばして寝てました☆ o(*^▽^*)o

Amsterdamからフェリーへの乗り換えのフランスCalaisへ到着。
相変わらず爆睡です・・・ (@ ̄◇ ̄@)。。。oO○

ココでのイギリス入国審査は今回もVISA様々で、超簡単に認めていただきました。
ただ、「どこで働いてるの?」と聞かれた後に「何をしてるの?」と聞かれたときには
どう説明していいか分からず、暫し考えた後
「ん~・・・、洗ったり、食事を食べさせたり・・・」と説明すると
「あぁ、ナースみたいなことしてるのね。」と。
そうです、そうですっ!!! まさにナースとして働いていますっ!

と、こんな感じで何事も無く入国検査終了~。

帰りのフェリーはいつも乗ってたP&OフェリーではなくSea France。
どう違うのかと期待して乗ったらP&Oフェリーより古く汚く、椅子ばかりで
横になって寝れるソファーが全く無いっ!

こんなんで乗ってたら絶対に酔っちゃうよっ!! (;´д`)アァ-

そう確信したのでトイレのまん前にあった椅子に座って休むことに。
でも、眠気の方が強く酔う前に寝てしまってました・・・ (o_ _)o.。oOグゥグゥ・・・Zzz

更には夢まで見たり・・・
しかも、その夢が最悪で今乗ってるフェリーが沈没する夢だったんです・・・・・・

なんて不謹慎な夢を見たんだろう...


  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





飾り窓とおじさん

さて、気持を切り替えて街歩き。
と言ってももう5時半で日没間近・・・
それでも頑張って街歩きっ!

20061204133834.jpg

クリスマスが近いからどこのショッピングストリートもキレイなイルミネーションの飾り。
ダラダラと歩いているとオランダ名物木のシューズ屋さん発見っ!

20061204133912.jpg

お店中木の靴だらけっ!
ちゃんとサイズも書いてあって、ほんとに履けるようになってました。
でも、掃き心地は悪そう・・・ ( - ゛-) ジッー

更にブラブラ歩いて、まだ『飾り窓地区』を見に行ってないことを思い出し
ガイドブックで方向を確認して見に行くことに。

かなり日も落ちて、一人歩きするのがちょっと恐い・・・
しかも、だんだん人通りも無くなってきたし・・・・・・

キョロキョロ不安がってると思いがけないところに『飾り窓地区』発見っ!

20061204133950.jpg

さすがにこの奥まで入っていく勇気は無く、道の入り口で写真撮影。
ホントはこの道を歩きながらお姉さんを見たかったんだけどな・・・
当たり前だけど男の人しかいないし、観光シーズンじゃないから観光客もいない・・・・・・

仕方なく明るく人通りのある道に戻ろうとしたら、
飾り窓の中のお姉さんを見ることが出来たっ! v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪

20061204134105.jpg

こんな感じで色気を売ってました。

オランダではソフト・ドラックも売春も合法。
更には売春婦労働組合があるとか・・・ (* ̄- ̄)ふ~ん

さっ、お姉さんも見えたことなんで明るい世界に戻りましょ~

20061204134200.jpg

すでに日は落ち、イルミネーションがきれいに見える時間。
でも、雨も降ってきて寒くなってきたので早いけどバスステーションの駅まで戻ることに。
ウィンドウショッピングしながらね♪ うふふっ(*゜v゜*)

ショッピングストリートにマックがあって、久々食べてないし
イギリスに比べれば安いからいいかなぁ~と、食べてしまいました。

隣に座ったお兄さんたちにいろいろ話しかけられて、ちょっと面倒くさかったけどね・・・

ご飯も食べ終わって、駅まで行こうとしたら今度は道でおじさんに話しかけられて
かなり面倒くさいことに・・・

なぜだかこのおじさん、私のことがメチャメチャ気に入って
私が「Amsterdamは今日来て、もう今から帰らなくちゃいけないの。」と言うと
「それは良くないっ!もう1泊していきなさいっ!!
じゃないとAmsterdamの良さが分からないよっ!!!」と言われてしまった。

1日で足りないことは十分承知で、ちょっと見に来ただけですから・・・

「でも、私は帰らなくちゃいけないの。」と言うと
「何で? イギリスでは何してるの?」と質問の嵐・・・ (ノ_-;)ハア…

「イギリスでは働いてるから、明後日には仕事に行かないといけないから無理。
それに、もうお金も無いから泊まることはできないの。」と返しても
「じゃ、明日帰ればいい!お金が無いならうちに泊まればいいし
明日の観光も私が案内するよ。」と、ホントにしつこいくらい・・・

確かにコレがバックパックの途中だったらきっと付いて行っちゃうくらい
いいおじさんだったんです。
でも、今はホントに帰らないといけないので無理なんです・・・

「ゴメンなさい。そういってくれるのは嬉しいけど、帰らないといけない。」と言っても
「ろーるは私のことを信じてないんだよ。だから断るんだ。
大丈夫、家には奥さんもいるからろーるはシャワーを浴びてゆっくり寝て
で、明日観光してそれから帰ればいい。駅までだったら送ってくし
帰りの分の交通費も出してあげるよ。飛行機でも電車でも。」と・・・

ココまで来ると逆に申し訳なくなって、
「そんなことはしてもらえないっ!」と言っても
「大丈夫!もしショッピングがしたいならその分も出してあげる。
だから今日一日だけと言わずに、お願いだから明日までAmsterdamにいて欲しい。」

ただ、通りすがりに会ったおじさんにココまで気に入られるってどういうことだろう??
でも、ホントにいおじさんなんです。

しかも、お金出してくれるなら泊まってもう一泊するのもありだなぁ~
なんて考えたりもしたけど、明日帰ったところで空港からの足が無いから
結局明日中にMilfordに帰ることができないな・・・と、冷静に考えてやっぱりお断り!

「今度のホリデーにまたAmsterdamに来るから、そのときに。」と言うと
「そう言ってもう来ないんでしょ?いつ来るの?次の週末??」と・・・
「そんなに簡単にホリデーが取れないから、3月頃。」と返すと
「先過ぎるよっ!もっと早く来れないの?やっぱり今日泊まるべきだよ!
それがろーるにとっていい方法だからっ!!」だってぇ~。

私にとっていい方法は予定通り今日帰ることですよっ!

「じゃ、今から食事に行こう。そうすれば気も変わるはずだから。」
「食事に行ってもいいけど、私の気持は変わらないよ。
私は今日帰らないといけないのっ!」と言うと何とか渋々納得。

でも、ココで分かれたら連絡が取れなくなるから電話番号教えてと言われ
それで終わるならいいやと、携帯番号渡してやっと開放された・・・

30分以上は捕まってたね・・・・・・ ヾ(´ε`;)ゝ ふぅ。。。



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





アンネ・フランクの家

20061203160535.jpg

やっとAMSTERDAM CENTRAL STATIONに着いて観光開始です。

AMSTER STATIONとまったく違うっ!
駅前はものすごく栄えてるし、人の多さが違うっ!

20061203160623.jpg

Amsterdamは運河の街で、街のそこら中に運河が流れてる。

写真11
運河ツアーとかもあるので開閉式になってるのもある。
ほとんどが橋になってるけどね。

さっきの街とは違って、更にオランダっぽい感じの建物が!

20061203160700.jpg

かわいらし過ぎですっ!! (^ω^*))

当初の予定の通り『アンネ・フランクの家』へ行くことに。
大体の方向は分かるんだけど、建物が高いから見渡せずすぐに迷子・・・

ガイドブックを見ながらキョロキョロしていると地元の自転車押してるおっちゃんが
「どこに行きたいの?」と多分聞いてきた。
オランダ語だったので全く分からなかったんだよね・・・

「ココに行きたいの。」と地図を指差したけど、
字が小さすぎておっちゃんには見えなかったみたい・・・ ヾ(;´▽`A`` ハハハ・・・

オランダ語でアンネ・フランクを何て言うのか分からなかったけど
「アンネ・フランク!」と、とりあえず言ってみたら
「あぁ、アンネ・フランクの家に行きたいのね。」と分かってくれた。

でも、おっちゃんの説明も
「確か、あっちの方だよ。」と。

それぐらい分かってます・・・ ・・・( ̄  ̄;) うーん

更にそのおっちゃんは通りすがりの人を捕まえて
「アンネ・フランクの家ってあっちだったかね?」と聞き出した。
捕まったおじさんは英語が話せて、おっちゃんからオランダ語で聞いて
私に英語で説明してくれた。

でも、そのおじさんの説明も適当で
「もう少し行ったところを右側だよ。大きい塔が見えるからその隣ね。」だって。

う~ん・・・・・・
分かってないけど、とりあえずありがとう。
何とか頑張って自力で行くことにします・・・

歩き出して少しすると団体さんが私の前に来て、こんなところを団体で歩いてるって事は
絶対に『アンネ・フランクの家』に行くっ!と、不確かな確信があったので
その団体さんの後をチョロチョロついてく事に。

20061203160742.jpg

予感的中で、団体さんは『アンネ・フランクの家』に到着。
その隣にはおじさんの言ってた通りすごい大きな塔があった。

でも、遠くから見えなかったからコレを目印にしてたら
いつまでたっても辿り着けなかったな、きっと・・・・・・

20061203160820.jpg

コレが『アンネ・フランクの家』です。
1階と2階部分は外から中が見えないようになってます。

早速入場。
入場料は€7,5で決して安くは無いです。
学生料金の設定も無いです。
それでも見る価値はあったと思います。

高校生のときに『アンネの日記』を読んだんですが、
その時は最後まで読みきることが出来ず、中途半端な記憶しか残ってなかったけど
「そうそう、こんな事書いてあった!」と思うような状況でした。

当時のものか再現か分からないけど、隠れ家の入り口の本棚も置いてあり
その扉を通って実際にアンネたちが隠れていた部屋に入っていきます。

決して大きくはないですが、隠れ家にしては立派と言う印象でした。
日本で隠れ住むと言うと、もっと狭く、水周りも無く、
薄暗い場所って言うイメージでしたから。

ココの隠れ家にはトイレもあったし、お風呂もちゃんとありました。
でも、したの従業員に気付かれないようにするため、
日中にトイレを使うことは出来なかったと・・・

アンネの使ってた部屋には当時アンネが壁に貼ったポスターや、
雑誌の切抜きがそのまま張られた状態で残されています。

家具などは一切残されていないけど、コレはアンネたちが捕まった後
ドイツ警察によってすべて持っていかれたためだとか。


『アンネ・フランクの家』を見た後、結構複雑な思いになりました。
ただユダヤ人と言うだけで強制労働させられて、虐殺される・・・
どんな時代だったのか想像がつきません・・・・・・

20061203160917.jpg

『アンネ・フランクの家』の前の景色です。

アンネはこの景色をどんな思い出見てたんでしょうかね・・・・・・

  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





AMSTER違いっ!!?

Amsterdamに着いてまずは昼ごはん。
持ってきたサンドウィッチを食べて早速行動開始っ!

Amsterdamは温暖化防止に力を入れてる国らしく、自転車がすごく多い。

20061202152451.jpg

その理由も、オランダの国土の多くが海抜が低いらしく
温暖化で海面上昇すると国土が水没する恐れがあるからだとか・・・

なるほどねぇ~ (* ̄- ̄)ふ~ん
水害の多い国とは聞いてたけど、そういう理由からなのね。

さてさて、まずは『アンネ・フランクの家』へ向かうことに。
大体の地図は頭の中に入っているので、テクテク歩いていく。

道にも木が多くて清々しく気持がいい☆

20061202152530.jpg

更にテクテク歩いていくと公園が。

20061202152613.jpg

でも、もうそろそろ市街地になってもいいのに全く栄えてる様子が無い・・・
方向的には合ってるから、間違っては無いんだけどおかしい・・・

ひたすら歩いてようやく商店街っぽいところに出たけど、物寂しい感じがする。
ほんとにココがAmsterdamの市街地なの?
ま、オランダらしく花とかはあるけどさ。

20061202152650.jpg

いろいろ不審に思いながらも景色を楽しんでました。

20061202152726.jpg

運河沿いの家なんてオランダって感じしまくりじゃない?

景色も楽しみ終わって、今の居場所を地図を見ながら探したけど全く分からない。
ストリートの名前が地図に載ってないってどういうことっ!?
結構大きい道なのに地図に載ってるストリートに名前が載ってない・・・

地図に載ってないことにだんだんイライラ・・・ 
どんなけ探しても見つけられなかったので、もう無理っ! ヽ(*´▽)ノ オテアゲー

近くにいた人にガイドブックを見せながら
「王宮の方に行きたいんですけど、どう行けばいいですか?」と聞くと
「王宮? それはロング・ウェイよ。」と。


ロング・ウェイっ!!!?
 Σ(`□´/)/ ナニィィイイイ!!


私って今いったいどこにいるんですか??? (; ̄― ̄A アセアセ・・・
ついでに「私って今どこにいるんですか?」とガイドブックを見せて聞くと
詳細地図で見つけられなかったので、広域地図を見せたら
「あぁ、大体この辺よ。」と思いっきり地図外を刺されました。


この辺ってどの辺よっ!? 



でも、その人はすごく親切で
「ココから行くにはトラムの9に乗っていくといいわ。トラムの駅はそこよ。
そこからこっち向きのトラムに乗って行けばいいわ。」と教えてくれました。

そこまで説明されたのに私は今いる場所に納得できず、また歩いて駅まで戻ることに。

戻る間に地図を見ながらいろいろ考えてやっと納得。
私がバスで着いた駅は『AMSTER STATION』で、
Amsterdamnの中心地の駅は『AMSTERDAM CENTRAL STATION』。

ややこしいちゅーねんっ!!! o(TωT )

また駅に戻ってきたところで仕切りなおしっ!
AMSTERDAM CENTRAL STATIONに行かなくてはっ!!

チケットを買おうと必死に券売機と格闘したけど買い方分からず・・・
仕方なく窓口に・・・・・・

Amsterdamでチケットを買うときは窓口で買うと手数料を取られるって聞いてたから
券売機で買いたかったんだよねぇ~

窓口で「AMSTERDAM CENTRAL STATIONまで行きたいんですけど。」と言うと
「あぁ、赤いマシーンで変えるわよ。」と言われてしまった・・・

それは知ってるんですよ。
使い方が分からないんです・・・

「どうやって買えばいいの?」と聞くと
「ZONE1を押して、CENTRAL STATIONを押せば€1,6と出るから
お金を入れればいいのよ。」と、とても分かりやすく説明してくれて何とか切符ゲット♪

ココの駅からCENTRAL STATIONへは駅5つ分。
10分もしないで到着。

はぁ~・・・
やっとAmsterdam観光が始められるよ・・・・・・
って言っても、すでに3時半近く・・・・・・
観光できるのは数時間だけじゃんっ!!! <( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>


  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





 

セクシー・ブロンド・ガール!

Jackのお葬式から帰るとすぐに仕事終了。
Amsterdamに行くためにいつも4時終了なのを1時に変えてもらってたので。

以前のBrusselsの旅同様、車中2泊の強行プラン。
Londonまでの旅程は全く同じ。

今回はAmsterdam行きなのでLondon出発が22時。
のはずだったんだけど、22時になってもバスの来る気配全くナシっ!

23時ごろになってようやく
「カー・アクシデントのため遅れてます。」と、アナウスが入った。


カー・アクシデントっ!!? 
( ̄ェ ̄;) エッ!??


って事はいつ出発かも分からないじゃないっ!
ただでさえ今回は前回と違って日が短くなってるから活動時間が短いのに
一番動ける午前中の時間が短くなるってどういうことよっ!

1人寂しく腹を立ててるとようやくバスが到着。
結局2時間近く遅れて出発ですわ・・・
運よく予定通りの時間で行けたとしても、今からの出発じゃ
Amsterdamに着くのは昼近くだな・・・・・・

しかも、今回はフェリーを使わずにユーロトンネルで行けると思ったのに
11月からタイムテーブルの見直しでAmsterdam行きはすべてフェリーに・・・

ユーロトンネル使っていくことも目的のひとつだったのになぁ~・・・

ま、そこは文句言っても仕方ないので、
時間どおりにAmsterdamに着くことだけを願うことにするよ。

爆睡のうちにDoverへ到着。
ココでイギリス出国とフランス入国のパスポートチェック。

今までは必ずバスから降りて自分でパスポート見せてたけど
今回は係りの人がバスに乗り込んできて、パスポートを渡して
「どこまで行くの?」と聞かれ、「Amsterdam」と答えるだけ。

少しするとさっきの係りの人がパスポートにスタンプを押してくれて返してくれる。
外は風が強くメチャメチャ寒かったから、出なくて済んでラッキー♪

フェリーの旅もさすがにもう慣れたのか爆睡のままCalaisに到着。

20061129162704.jpg

フェリーの中ももうすでにクリスマス・ムード☆

あまりの爆睡で夢まで見ちゃったよ。 (@ ̄◇ ̄@)。。。oO○
どこまで神経が図太くなってきたんだか・・・  

フェリーを降りるときに運転手さんが「乗ってない人はいない?」と確認すると
後ろの方から「まだ1人帰ってきてないっ!」と。
「男の人?女の人?」と聞くと「女の人だよ。」だって。

そして更に他のおじさんが

「セクシー・ブロンド・ガール!」


と、叫びだした。
このおじさんの叫び方に、私1人大ウケっ! ヾ(≧∇≦ ) ブハハハッ!!

この『セクシー・ブロンド・ガール』も少ししてから帰ってきたから良かったけど。
話を聞いてたら、普通に寝てたとか・・・

私より神経図太い人見っけ! (゜-^*)σ キミダヨ! 

ココからAmsterdamまでバスで5~6時間の旅。
相変わらず爆睡させていただきました・・・
気付くとAmsterdam手前のSTOP POINT。

終点だから寝過ごすって事もないから安心。 (´▽`) ホッ

出発前に2時間遅れたけど、それ以外で遅れることなく昼少し前に到着。
さてさて、ココから本格的に観光開始ですっ!! (/*⌒-⌒)o レッツゴー♪

  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





PATIENT’s FUNERAL

スタッフのはからいでPATIENTのお葬式に行くことが出来ました。
不謹慎だけど、一度はイギリスのお葬式に出席したいと思っていたんです。
それが大好きだったPATIENTのお葬式になるとは何だか複雑・・・

お葬式は11時半からなので施設を11時15分に出発。

着いたのは近くの街の教会。
教会と言ってもLondonとかにある立派なものじゃなく、
こぢんまりとした小さな町の教会。

教会に入るときにお葬式のしおりみたいのを渡されて、最後列に座りました。

時間になると牧師さんが入ってきて、PATIENTの生涯について語りだし
次にみんな起立して歌を歌う。

その次は、親族か近親者が聖書の一説を読み上げて、その次は友人の話。

この友人の話もしんみりしたものではなく、笑いありで参列者もクスクス笑ってた。
「私が彼と初めて会ったのは30年前で、そのころから彼はおじいちゃんだった。」
と言う話に私も思わず笑ってしまった。

確かにこのPATIENTは98歳だったから、30年前と言っても68歳。
十分おじいちゃんだよね。 (〃^∇^)o

その後にはまた牧師さんのお話と、聖書の朗読、歌を歌って、その後に出棺。

PATIENTは棺桶に入った状態で、上に大きな立派なゆりの花が置かれ
最前列の真ん中にいる。

そこから葬儀社っぽい人達4人ががPATIENTの入った棺桶を肩だけに担ぎ
牧師さんを先頭に、出棺を誘導する人とともに外へと歩き出す。

このときに『ジュピター』が流れ、全く知らない曲ならまだしも
この状況にこの曲が流れ出したら、折角我慢してた涙も我慢できなくなってしまう。

棺の後には親族が続いて退室し、よく訪ねに来てた娘さんが
号泣してるのを見てもう止められなくなった。

PATIENTが亡くなって日にちもかなり経ったので、
もう落ち着いて式に出席できるかと思ってたけど、まだまだダメみたい。
結局ココでも大号泣・・・

他に来ていたスタッフに「大丈夫?」と声をかけられたり、ハグをされると
もう止めることが出来ない。

人が亡くなったことでココまで泣くことって初めての経験。
おじいちゃんやおばあちゃんが亡くなった時は人前で泣くことはなかった。
あまり頻繁に行ってなかったし、何年もの間遊びに行くこともしてなかったから・・・

全くのあかの他人で、たった5ヶ月弱しか経ってないし
しかも、イギリス人と日本人でコミニケーションが難しかったのに・・・

たまに厄介なことがあったりしたけど、ホント楽しかった!

真っ赤な顔をしながら施設に戻ると、残り組みのスタッフから
「大丈夫?」と、また心配されてしまった・・・

大丈夫です・・・ もう、大丈夫っ!

ココで気持をしっかり切り替えないとダラダラ引きずっちゃうからね。
それに今日の夜にはAmsterdamへ出発だしっ!



THANK YOU SO MUCH 

   &

GOOD BYE ☆



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





『The Ⅹ Factor』

今、イギリスで有名な番組のひとつ『The Ⅹ Factor』にはまってます。
簡単に言えば昔あった『アサヤン』みたいなオーディション番組。
でも、実力が違うので見ごたえがあるっ!

今のところ6組が残ってて、私が応援してるのは2組。
そのうちの一組が今日落選したんです・・・

ものすごく気に入ってて、メチャメチャ歌も上手いし
以前歌った曲を聴いて鳥肌が立つくらい声量もあったのに落選・・・・・・

投票は視聴者が行って、上位を発表した後下位の2組がもう一度歌いなおして
今度は3人の審査員がどっちを落とすか決めるんです。

私のお気に入りのロバートはココで審査員に選ばれず、落選・・・

テレビに向かって


「マジでっ!? 何でよっ!!!」



と、1人で叫んでました。

残るお気に入りは1組。
スコットランド出身の兄弟デュオ。
このデュオには是非是非頑張っていただきたいっ!



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





ドタキャンっ!

先週の日曜にYちゃんたちが遊びに来るはずだったけど
予定を変更して、今日来ることになってた。

けど、前日にも何も連絡ないしホントに来るのか?っと思ってたら
予感的中で、「ホントにゴメンっ!今日行くことが出来なくなっちゃった。」と。

何となく予想してましたよ・・・
ホントは楽しみにしてたのになぁ~・・・・・・ (ノд-。) クスン…

ダラダラと過ごして、昼ごろになったとき午後からネットしに
施設へ行こうと準備し始めたところにYちゃんから電話。
何の電話かと思ったら「今から行っていい?」と。

私的には何にも問題はないんだけど、Londonから今から来るとなると帰りが問題。

Milford発New Milton行きのバスの最終は5時台。
来れたとしても滞在時間30分とかそんなもの・・・・・・

無理っすね。 乂(>◇< ) ザンネンッ!!

「じゃ、電話だけでも。」って言ってyちゃんの彼氏に電話を代わったけど
あまりの電波の悪さにほとんど何言ってるか分からない・・・

プチッ! プープープー・・・
切れちゃいました・・・・・・

かけなおすにも携帯にお金を入れてなく、かけなおすことも出来ない・・・
テキストだけでもと思って送ったけど、それも電波が悪くて送れなかった・・・・・・

Yちゃんの彼、まともにお話できなくてゴメンなさい... (-人-) ゴメンヨォ~

昼から更に天気が悪くなって、PCを持って出かけれるような状況じゃなく
Flatで大人しくしてました・・・

幸いFilm4と言う番組で『平成狸合戦 ポンポコ』がやってたので見てました。


  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





シフト変更ミスっ!無断欠勤っ!?

今日はafternoonで普通に昼出勤したら、スタッフから
「ろーる!今日はmorningだったのよっ!」と。

はい??? どういうことですか?????

このスタッフとは前日にシフトを交換してて、morningとafternoonを入れ変えてる。
でも、入れ替えたのは昨日だけで今日は関係ないはず。
それなのにこのスタッフは2日間入れ替えたと勘違いしてて、
今日morningで来ないといけないのに来なかったんだと。

しかも、私が忘れたからみたいに言われて
「違うっ!シフト表も私がafternoonになってるっ!!」と反撃。

それでも、
「ま、いいわ。気にしないで。」だって。


いいのか? ホントに??? 
・・・( ̄  ̄;) うーん


仕事に入るとやっぱり朝、混乱があったみたいで、みんながいろいろ聞いてくる。
でも、私に説明できるような会話力は無く説明できない・・・
ここでも「ま、いいわ。気にしないで。」と。


ホントにいいんですか??? 


でも、終わってしまったことなのでどうすることも出来ないし
何とか回ったみたいだから『ま、いいでしょ。』って感じです。


  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





タダでSouthampton☆

帰りにちょうどマネージャーと会って、「今から帰るなら送ってってあげるよ。」
と言われ、Miuちゃんと2人喜んで車に乗り込んだ。
車の中でマネージャーが「今からSouthamptonまで行くけど、一緒に行く?」と。

マジっ!? (*’▽’*)わぁ♪
タダでSouthamptonに行けるなんてラッキー♪♪

「行きたいっ!」と言うと、「このまま直行していい?」と聞くので
さすがにユニフォームは着替えたいと思って「着替えはしたい。」と言うと
「じゃ、4時39分までにLymingtonに行って銀行に行かないといけないから
早く着替えてきて。」と言われ、2人してササッと着替えて再び車に戻る。

Lymingtonに寄って、その後Southamptonへ。
着いたのは5時ごろで、まずはマネージャーのお買い物に付き合ってホームセンターへ。
その後ショッピングセンターまで送ってくれて、1時間後に待ち合わせをして
それぞれのお買い物へ。

Miuちゃんも携帯のTOP-UPしたいと形態屋さんへ。
私は前からずっと欲しいと思ってたブーツを見に靴屋さんへ。

靴屋さんに入ってお目当てのブーツを見ると£10offになってる!
コレは買わないと絶対後悔する!と思って迷わずお買い上げ。
だって、日本で私のサイズのブーツってなかなか無いし
気に入ったブーツが£30で買えるなんて日本じゃ絶対にありえないっ!!

満足してMiuちゃんと合流。
マネージャーも30分ほど送れて到着。

Flatに送ってもらって、早速ブーツを履いてMiuちゃんに披露。
「わぁ! すごく可愛い!!」と言われ、更に大満足☆ うふ♪(* ̄― ̄)v


  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





CLOTHES SHOW☆

ファッション・ショーに連れて行ってもらった日、施設の中でも
Clothes Showがありました。

Showと言ってもただ単に訪問販売です。 (-ω-;)

ガーデンに服とか下着とか靴下とかスリッパとかを並べて
買いたい人だけが見に来て買っていくって感じ。

どんなんが出てるかなぁ~っと様子を見に行ったら、
patientの1人に捕まってしまって買い物に付き合う羽目に。

しかも、最近ずっとDown StairsだったのでUp StairsのこのPATIENTとは久々で
ずっと話されっぱなし・・・

更に「ろーるはどんな色が好き?」と聞くので、「青とか好きだよ。」と言うと
青色の服を探し始めて、「アナタも青色好きなの?」と聞くと
「ううん、ろーるの服を探してるのよ。」と。


私にっすか!!? 
Σ(゜ロ゜〃)エッ!!?


イヤイヤイヤイヤっ!!!
そんなことしなくていいよっ!!!!
それに、ここにある服っておばちゃんおばあちゃん用だからさ・・・

「私はいいから自分のを選んだら?」と言っても
「いいの! 私のはもう買ったから、ろーる好きなのを選びなさい!」と・・・

好きなものって・・・ 
このおばちゃん服の中から??? (; ̄― ̄)…ン?

ってか、そういう問題じゃなく買ってもらえませんって!

必死に「私はいいから。」と言っても全く聞く耳ナシっ!
「コレがいいんじゃない?」とか、「こっちのはどう?」とか・・・

このまま行くと、ほんとに何か買ってもらわないと帰らないんじゃないか?
早くPATIENTを部屋に帰らせようと「ねぇ、私寒いよ。」と、
風冷たくて強いし、ガーデンだし、半袖だし、ホントに寒かったのでそう言って
中に戻ろうと誘ったつもりが

「だったら、ジャケットを買ってあげるわ!」と・・・


結構ですっ!!!!! 
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…


必死に部屋へ帰ろうといっても、「これはどう?」とか聞いてくる・・・
気持だけ受け取っておきますよ・・・・・・

PATIENTと悪戦苦闘をしてるとスタッフがPATIENTのところに来て
「ねぇ! 何か忘れてない?」と。

私にもサッパリ分からなくて、PATIENTと一緒になってポカンっとしてると
「今日、お客さんが来ることになってたでしょ! 
それなのに部屋にいないから探し回っちゃったじゃないっ!!」だって。

PATIENTもようやく思い出したようで、
「あぁっ! そうだった!! 完全に忘れてたわっ!」と。
お客さんも一緒に来ていたので、ちょっぴり苦笑い・・・ (;´▽`A``

スタッフにPATIENTを部屋まで送ってあげてと頼まれ、
これでPATIENTの買い物から開放されるならいくらでも送り届けますよっ!

PATIENTを部屋まで送り届けてようやく開放。
でも、本気で寒かったからマジでホッとしたよ・・・ C=(´▽`) ホッ



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





イギリスで初運転っ!

今週の日曜にYちゃんが遊びにMilfordに来ると言うので
一緒にNew Forestをドライブしようとマネージャーに車を貸して欲しいと頼むと
保険のこととかがあるから、確認してからねと言われ返事待ちだったのが
今日ようやくOKと言う返事がっ!

でも、練習をしないといけないから運転を見せてと・・・
やっぱりそうですか... ε-(;―ω―A フゥ…

イギリスの車ってほとんどがミッションで、施設の車もミッション。
一応運転は出来るんだけど、ミッション車って嫌いなんだよねぇ~・・・
車校で何度と無くエンストして、教官にグチグチ言われ
やっとのことで卒業できたからさ・・・

更には免許を取った後、一時だけミッションの車で学校に通ってたけど
友達と遊びに行った先で車を壊して、牽引される羽目になってるからさ・・・

苦手なんだよねぇ~・・・
クラッチとか坂道発進とか・・・・・・

ま、それでもまぐれでうまくいけばこれから車使って出かけられるからいいかもと
マネージャーの講習を受けることに。

でも、思いっきり仕事中にやるんだよね・・・
しかも、afternoonの勤務でスタッフが3人しかいないのに・・・・・・
これから夕食で忙しい時間なのに・・・・・・・・・

講習を受けて始めのうちはいい感じに出発。
施設の駐車場を出るといきなりエンスト!
「気にしないで続けて。」と言われ、エンジンかけなおして再出発。

「交差点の手前を右に曲がって。」と言われたことに気付かず普通に交差点まで出ると、
「ココは右折禁止だから手前を曲がってって言ったのに。 仕方ないから左折して。」と。

必死に運転してるのに横から英語で言われても分かりませんっ! ( ̄‥ ̄)=3 フン 

ギアを変える必要が無ければ運転は順調。
5分くらい行った先で左に曲がってと言われ、左折。
かなり細い道に入ったけど、ココどこですか?

全く知らない道を英語のガイドで走るからかなり恐い・・・
しかも、マネージャーは「そこを曲がって。」といきなり言うから対応できませんっ!
坂道発進では更に英語で説明をされて、何言ってるかサッパリ!!


運転の仕方は知ってるんで、集中させてもらえませんか?


結局そのまま隣町まで行かされて、ラウンドアバウト初挑戦っ!
このラウンドアバウトは何度も自転車やバスで通ったことがあるので
どっちに進むかは知ってるけど、マネージャーは何も言わない・・・

だからどっちに進んでいいか分からず、Milfordへ行く道の前で
「こっちに出ていいの?」と聞くと「早くハンドルきって!!」と
ハンドルを取られてしまった・・・

だったら、もっと早く言ってくださいっ!!!
 (`□´)コラッ!

更に、まだ坂道発進がうまく出来てないから坂道見つけてもう1回練習と
また細い道に入って行かされることに・・・

この時点で5時過ぎ。
かなり暗くなってきて、土地勘の無い私には道が見にくくて運転しにくい。
街灯もろくにない道が多いからね・・・

やっとのことで施設に戻って、でもココから交通ルールの説明が始まった。
もういいですから仕事に戻してください・・・・・・

結局、まだ練習が必要だし交通ルールも知る必要があるって事で
車は貸してもらえないことに・・・
でも、練習したいなら付き合うし、他のスタッフとしてもいいのでいつでも言ってと。


当分乗りたくありません・・・
 (;-_-)...


仕事に戻るとすでに5時30分!
1時間以上も抜けてたよっ!!
15分って言って出て行ったのに、ゴメンなさい・・・・・・ (*_ _)人 ゴメンンサイ・・・

一番人手のいる夕食の時間に抜けてたなんて・・・
でも、こんなに時間がかかるとは思ってもいなかったのよっ!!




  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





FASHION SHOW☆

今日は施設からファッションショー・パーティーに連れて行ってもらいました。
10人くらいのスタッフと一緒にSouthamptonまでおでかけ。

日本人の私たちにはSouthamptonまで行く足が無いので、施設の救急車に乗って
他の数人のスタッフと一緒に出発。

出発前に施設の中で軽食とワインを頂く。
何か優雅ですわ・・・ (*゜。゜)ホーーッ!!

ホロ酔い気分で救急車に乗って、Madridの時の様に
車酔いしないかちょっと心配だったけど、飲んだのはグラス一杯だけだったので
何事も無くSouthamptonに無事到着。

会場に着くとかなり人が入っておりました。

20061119131200.jpg

ココでもタダ酒が振舞われてて、遠慮なしに一杯☆

ショーが始まるまでの時間、数点の店が出てるロビーで時間を潰す。
でも、ココに出てるお店も可愛いものがかなり安く売ってるのっ!

メチャメチャ買いたいっ!!!

けど、ついこの間節約生活を決めただけに無駄な買い物は出来ません・・・
ココで買うなら我慢して可愛かったコートを買いたいしね。

時間になりショーの会場が開いて中に入るとかなりちゃっちい・・・

モデルさんが通るじゅうたんの両脇に椅子がただ並べられてるだけ。
ショーの始まる前に司会の人が説明してるのを聞くと、モデルも全員ボランティア。
田舎でやるショボイファッション・ショーって感じですわ。 (; ̄― ̄A アセアセ・・・

20061119131232.jpg

更には子供服が中心で、モデルも子供ばかり・・・
いろいろ期待してきたのにがっかり・・・・・・
だって、可愛いコートとブーツがあれば買っちゃってもいいかなって思ってたからさ。

ショーが終わった後にも帰りのお迎えが来るにはまだ時間がある。
お店の出てるロビーにマッサージ屋さんも出店してて、
10分間体験マッサージが出来ると書いてあって、迷わず参加です! ( ̄‥ ̄)=3

「どこのマッサージをしたい?」と聞かれ、迷わず「Shoulder!」と。

だって、Hand Massageにしたらマッサージ師のお姉さんと会話しなきゃいけないしさ。
施設のスタッフ以外の人と会話楽しめるほど英会話力ありませんから・・・ (-ω-;)

マッサージは気持ち良かったけど、日本のと比べると何か物足りない感じ。
もっと力強くしてもらいたかったなぁ~

きっとこっちの人達は日本人ほど肩が凝ったりとかしないんだろうね。

マッサージも終わると特にやることもなくなっちゃった・・・
でも、お迎えまでは1時間近くある・・・・・・
もうタダ酒も無くなっちゃってるし・・・・・・・・・

するとスタッフの1人が
「何でお酒飲まないの?」とMiuちゃんに聞いてて
「お金あんまり持ってないんだよ。」と答えると
「はぁ~・・・ こっちにおいで!」とMiuちゃんと私を連れてバーカウンターへ。

えっ!? もしかして!!!
 ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク

一杯ずつおごってくれました♪
お酒好きのMiuちゃんはGUINNESSを、私はSHANDYGAFFを。
1pintも注文してくれたので結構な量っ!

1pintはyard・pound法の単位で堆積を表すもの。
大体0568ℓで、アメリカでは0,473ℓだとか。
同じ単位使ってて量が違うってすごく不思議だけど・・・

お酒を飲みながらフラフラしてるとお迎えの時間。
施設まで送ってもらって、私たち日本人だけオマケで
Flatの前まで送ってもらっちゃった。 ( v ̄▽ ̄) イエーイ♪




  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





STOP! 不幸自慢!!

Down StairsにいるPATIENTで目が見えず、足も不自由で
ベッドから起きたらチェアーに座りっぱなしというPATIENTがいます。

目が見えないせいか、いろいろコールでナースを呼ぶことが多く
たまに厄介と思うこともあるんですが、かわいらしい94歳のおばあちゃん。

でも、私的にはお気に入りで暇なときはおしゃべりに行くんです。
ただ、話しに行くといつも「私は目も見えないし、歩くことも出来ない・・・」
と、不幸自慢ばかりして答えに困ることが多い・・・ σ(^_^;)

以前いたEmiさんは不幸自慢されたとき
「でも、アナタは英語が喋れるからいいじゃない! 私は話せないんだから!!」
と言ったとか・・・

あまりにその話が面白く、前に私もこのPATIENTに不幸自慢されたとき
その手を使ってみたら「でも、私は日本語を喋れないから・・・」と返されてしまった・・・
意外な反応で「わ、私も日本語は難しすぎて分かってないっ!」と言ってしまった...

ま、事実ですから・・・ (;´Д`A ```

今日も暇な時間にこのPATIENTの部屋へ話し相手になりに行くと相変わらず不幸自慢。
いつもは「海外旅行したことある?」とか「息子さんは仕事何してるの?」とか
別の話を振ってごまかすんだけど、今日はごまかしても不幸自慢が止まらない・・・

コレは答えに困った・・・

そこで私が
「でもね、アナタは話すことが出来るじゃない。
私はアナタと話すことはとても好きだし、楽しいよ。」と返してみた。

するとこのPATIENTも「私も楽しい。」と。

こんなつたない英語でも必死に聞き取ろうとしてくれて、会話を楽しんでくれてるなんて
こっちもメチャメチャ嬉しいよっ!! (*T▽T*) 



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





お金が無いっ!!!

20061115123509.jpg

こんな風景の中戻ること30~40分。
やっとバス停に到着。
でも、バスが来るまで20分ほど。
何もすることが無いので、景色を見ながらただただボ~っとするだけ。 (  ̄_ ̄) ボ~・・・

バスに乗って1時間ほどで市内に到着。
ウトウトしてる間に着いてしまいました。

Brightonの海辺でまずはじめに目に付くのはBrighton・Pier!

20061115123540.jpg

何かは良く分からないけど、一番先の方は遊園地みたいになってるみたい。
ジェットコースターのレール見たいのが見えたからさ。

こんなお店の前を通って更に奥へ進むと・・・

20061115123609.jpg

West・Pierです。

20061115123636.jpg

何年も前に火事になってそのまま残ってるんだとか。
夜見てみてらきっと恐いだろうなぁ~・・・ ( ▽|||) ゾォ~・・・

海側の観光はコレぐらいにして、市内の方へ戻ることに。

まず行ったのはRoyal Pavilion。

20061115123711.jpg

イギリスには不釣合いな感じの建物だけど、有名みたいですよ。
外見しか見なかったけど、修理中でちょっと微妙・・・ 

でも、出入り口の方まで回ってみるとインド風がしっかり見えていい感じ。

20061115123737.jpg

こういう感じ好きなんだよねぇ~ (*´∇`*)

市内観光をさっと終わらせてAさんのお勧めの地域、レーンズへ。
可愛いお店があると言ってたけど、ホント小さいかわいいお店がいっぱいあって
かなり見ごたえがあるっ!

でも、今日の所持金£8ちょっと・・・
朝来るときにバス代往復で£4,4払っちゃったから手持ち£3ちょっと。
何も買えませんでした・・・ ( ̄_ ̄|||)

レーンズを見終わった後にまだ少し時間があったので、普通にショッピングストリートへ。
お金は無いんですけどね・・・ (T▽T)アハハ!

久々HMVへ行ってみると、ここでもジブリ・コレクション特集してたっ!
まだ手元に無いものまであったので、かなり悩んだ結果カードでお買い物。

お金を使わないために持ってこなかったのに、コレじゃ意味無いな・・・ (; ̄― ̄A

更に他のお店も見に行くと、可愛いコートを売ってるではないですかっ!
こっちに来てからずっとコートが欲しかったんだよねぇ~・・・
でも、値段を見ると£75!!

日本で考えれば安いんだけど、今この値段は出てこないっ!

はぁ~・・・
もっと日本でお金貯めてこればよかった・・・・・・ ((((_ _|||))))ドヨーン

そんな切ない思いをしながらBrightonを後にしました。
帰りにNew Miltonでなけなしのお金£2ちょっとでお買い物。
ジャガイモとタマネギを買うので精一杯・・・


これからもっと節約生活だっ!!! 
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!




  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





念願!Brighton☆

Brightonへ行ってきました。
もう日本へ帰ってしまったAさんがホームステイをしていて、
良い所と聞いていたので行っちゃいました!

しかも、かなりハードな日程・・・
朝は5:55発の始発バスに乗って出発。
6:22の電車に乗り換えてBrightonへ。
電車に揺られること3時間弱、ようやく着いたBrighton!

20061114135848.jpg

天気が微妙で雨は降りそうに無いけど、厚い雲で太陽が隠れてる・・・
折角のリゾート地なのに気分が出ない・・・・・・ チェ~ッ… ( ̄、 ̄)

まずはAさんが教えてくれた見所のひとつ、SEVEN SISTERSへ!

Aさんが教えてくれたお得な1日乗車券を事前にネットで購入済み。
でも、このチケットもギリギリで届いたんだよねぇ~。
と言うのも、ネットで購入だからメールで送られてくると思って
結構ギリギリに購入したらナント郵送っ!

それで届いたのが前日っ!
しかも郵便物はFlatに届くんじゃなく、施設に届くようにしてるから
Day Offだったのにわざわざ郵便物の確認に行っちゃったよ。

そんないきさつで手に入れた1日バスチケットを運転手さんに見せて、
「EXCEATに行きたいので、着いたら叫んでください。」とお願いすると
「ん~、覚えられないよ!」と言われてしまった・・・

教えてくれないと終点まで乗ってますよ、私。 ジーッ (@ ̄_ ̄) ・・・・・

SEVEN SISTERSまではおよそ1時間ほど。
到着時間が近づくと一気に田舎な風景になって、もうそろそろ到着のはず。
ちゃんと運転手さん教えてくれるかな・・・

田舎な風景になってから少し走った何にも無いバス停で


「EXCEAT!!!」



と、運転手さんが叫んでくれた!
確認のために、降りる前に「ココがEXCEAT?」って聞くと
「そうだよ。帰りのバス停はそこのカーブの先にあるからね。」と丁寧に教えてくれた。

でも、ホントに何も無いところ・・・
ただ単に芝生の草原が広がってるだけ・・・・・・

ココからどう行けばSEVEN SISTERSに行けるんですか? ( ̄ω ̄;) エートォ・・・

駐車場になってるところに行くと『SEVEN SISTERSこっち →』と言う看板発見っ!
看板にそってだだっ広い草原をひたすら歩く・・・

20061114135951.jpg

ひたすら歩く・・・・・・ o(゜―゜o)。。。。3


ひたすら歩く・・・・・・・・・ o(゜―゜o)。。。。33

20061114140026.jpg


ひたすら歩く・・・・・・・・・・・・ o(゜―゜o)。。。。333




ひたすら歩く・・・・・・・・・・・・・・・ o(゜―゜o)。。。。3333


20061114140058.jpg




まだ着かないっ!!! <( ̄口 ̄||)>
!!!オーノー!!!



ま、景色が良かったから苦にはならなかったけどかなり歩いたなぁ~・・・
およそ30~40分くらい?
歩いてるのは数人の観光客と、犬と散歩してる老夫婦くらいしかいない。

歩いてる間に何度か犬に囲まれたりもしてました・・・ (T▽T) アハハ・・・

そんな中、やっとSEVEN SISTERSに到着っ!!

20061114140221.jpg

途中から一緒だった犬たちは海に出たら元気にバシャバシャ海に入っていった! 

20061114140251.jpg

寒くないんかなぁ~ ( ̄ヘ ̄;)ウーン

ココに着くと隠れていた太陽がやっと顔を出し始め、青空が見えてきたっ!
白亜の壁だから日が当たって、青空の方がきれいに見えるんだよね♪

20061114140324.jpg

あんなけ歩いても、白亜の壁を見たら終了~
でも、それだけで帰るのは勿体無かったので持参したランチのサンドイッチを
白亜の壁を背にして、海を見ながら食べることに。

それでもSEVEN SISTERSの滞在時間20分ほど。
また30~40分歩いてバス停まで戻らなきゃ・・・ ε=( ̄。 ̄;A フゥ…



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





濃霧の中のサイクリング・・・

会場はすでに人だかりっ!

20061113132953.jpg

8時から始まると待っていると上がりだしたっ!

20061113133025.jpg

イギリスの花火だから期待はしてなかったけど、すごい迫力っ!
あなどってたね・・・

しかも、すごい至近距離で大玉花火を上げるから恐いくらい!!
今まで日本でも花火大会に行って見上げてみるってことなかったけど
ココの花火は近すぎて、ずっと見上げっぱなしっ!

そのおかげで首が痛いです・・・ ( ; ̄ω ̄)ゞ イテテ・・・

花火大会が終わったのが8:30頃。
ココから私はMilfordまで1人帰らなくてはいけない・・・
ホントはLondonに泊まるつもりだったけど、以前泊まってた寮が満室で泊まれず・・・・・・

時間指定で安いチケットを買ったので9:54Waterloo Station発に乗らないといけない。
時間的にかなり微妙・・・
普通に行けば間に合うけど、途中で止まったりすると確実間に合わないっ!

今回は止まらないでっ!!と、懇願しながら無事に10分前にWaterlooに到着。
安心して電車に乗り込んでホッとしてる間にSouthamptonへ。

Southamptonで電車の切り離しがあるって言ってたけど、
ちゃんと『Bournemouth行き』と調べて乗ったし、
以前後ろの車両に乗ってて大丈夫だったのでいいだろうと思って乗ってたら、アナウスで
「この電車はPortsmouth行きです。」と・・・


Portamouth行きっ!!!!? 
Σ(゜∇゜|||)はぁうっ!


間違えたっ! 間違えたぁーーーー!!!

アワワ ヽ(□ ̄ヽ))…((ノ ̄□)ノ アワワ


急いで電車を降りて、回りを見てみると同じ間違いをした乗客が数人・・・
その人達に「この電車はNew Miltonには停まらないの?」と聞くと
「この電車はPortsmouth行きで、Bournemouth行きはもう出ちゃったよ。
乗り過ごしたんだよ、僕たち・・・」と言う答え・・・・・・

分かってはいたけど確認したかった...

次の電車まで1時間。
この極寒の中1時間も待つのっ!!?
でも、それ以外に帰る方法がないので仕方ない・・・・・・

ちゃんと乗れて帰れても12時にNew Miltonに着くのに、次の電車で帰ったら
New Milton着くの夜中の1時じゃんっ!
更にNew Miltonから自転車で30分かけて帰らないといけないのに・・・
その30分の道は途中から街灯もないような田舎道・・・・・・


私、死んじゃうかも......


極寒の中待つこと1時間、やっと来た最終電車に乗ってNew Miltonへ。
ホントは時間指定のチケットだから乗れないんだけど、そんなこと知ったこっちゃない!
コレに乗らないと帰れないんだからっ!!!

運良くチケットチェックに車掌さんが回ってこなくて、無事New Milton到着。
って言っても、午前1時ですけど・・・
更には霧まで発生して、所により濃霧です・・・・・・


こんな中、自転車で30分? (; ̄― ̄)…ン?


それでも徒歩で1時間30分かけて帰るよりははるかにマシだと自分を納得させて出発。
自転車にはライトが付いてないので懐中電灯を巻きつけて駅を出る。

駅の近くはまだ街灯があるからいいけど、この先に行くと全く無いんだよね、街灯・・・

田舎道に入るとホントに真っ暗!
しかも濃霧発生中だから先が見えないっ!!

こんな中車が来たら、私確実にはねられる・・・


死んじゃうよっ!!! 
o((>ω<o))ヤダヤダ!!


それでも行くしかなく、暗闇に突入・・・

どんなけ暗いかと思ったら、満月のおかげで意外に明るい。
でも、霧はものすごいんだけどね・・・
懐中電灯をつけてても5m先は見えないって感じ。

そんな濃霧のおかげで先の道は見えないし、両側は霧の海。
そんなところに満月の月明かりが当たってるからかなり幻想的な景色。

こんな無茶なプランを立てなかったら見ることの無い景色だったのでちょっと得した気分。
それでも極寒なのでものすごく寒いんだけど・・・

心配してた車もこんな時間走ることは無く反対車線に1台通っただけ。

Flatに戻ってくるころには30分間のサイクリングのおかげで体はポッかポカ。
Flatの中に入るとラジエーターがきいているので逆に暑いくらい。

何はともあれ、無事にFlatに着いてよかったぁ~
マジで車にはねられて、血だらけで帰ってきたらどうしようって考えてたもん!




  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





ガイ・ホークス・ナイト♪

今日はLondonで『ガイ・ホークス・ナイト』と言うイベントがあるので
それを見るため、わざわざLondonへ行きました。
しかも、Day Offを変更してもらって・・・
メトロンも良い顔をしなかったけど、気にせずLondonへ。

ホントはイギリス全土のお祭りだからわざわざ行かなくても花火は見えるんだけど
折角だから大きな花火を見たいと思って・・・

昼過ぎにLondonに着いて、夕方Yちゃんとの待ち合わせまで時間を潰す。
久々のLondon市内なので普通に観光してました。

Westminsterで待ち合わせだったので、歩いてVictoria Stationから行っちゃった。
その間のバッキンガム宮殿も見てきて冬服になってるのに驚き! ヽ(*’0’*)ツ ワァオォ!!
ま、当たり前っすけど・・・

20061111131146.jpg

その後には何ヶ月か前に思いっきり躓いた段差にも再会。

20061111131222.jpg

ランチをまだ食べてなかったので、持ってきたサンドイッチを公園で食べることに。
公園を散策してるとリスがものすごい格好で柵に捕まってるっ! (゜∇゜ ;)エッ!? 

20061111131254.jpg

適当にベンチに座ってランチしてたけど、すごく寒いっ!!! ((´д`)) ブルブル・・・
ゆっくりしようと思ってたけど、座ってると冷えるので歩くことに・・・

またまた久々にホースガースへ行ってみると、ココでも冬服に変わってた!

20061111131324.jpg

トボトボ歩いてWestminsterに到着。
ココでも久々のビック・ベンです。

20061111131354.jpg

まだ待ち合わせの時間に余裕があったのでビック・ベンの周りをゆっくり観光。
特に何も無いんですけどね・・・

夕日の染まるビック・ベンを撮ってみたり・・・・・・

20061111131426.jpg

ライトアップされたビック・ベンを撮ってみたりしました。

20061111131500.jpg


ビック・ベンばっかじゃん!!!
 ヾ( ̄o ̄;)オイオイ


だって、Yちゃんが待ち合わせ時間にかなり遅れてきてすること無かったんです・・・

やっとYちゃんと合流して、その他にもYちゃんのお友達の子2人も合流。
4人でどこに花火を見に行こうかと話した結果、何とかパークへ行くことに。
名前忘れました... (;´▽`A``
でも、ZONE2だったのは覚えてますっ!

Kensal Greenで降りて、降りたはいいけど、ココから行き方が分からない・・・

とりあえずこの駅で降りた人達が同じ方向に行くので付いていくことに。
花火の音は聞こえるから近くであげてるに違いないっ!

しばらくくっ付いていくとだんだん人がいなくなってきて、最後に残ったカップルも
普通にPUBに入ってしまた・・・

誰も花火見に行かないのっ!!! 
Σ(- -ノ)ノ エェ!?

ココで頼りなのがYちゃんの友達で一緒に来ていたLeさん。
彼はYちゃんのバイト仲間で、英語も日本語も話せる中国人。

Leさんが花火会場の行き方を聞いてくれて何とか無事に到着。



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





祝☆100歳!

11月3日がお誕生日のpatientが2人いて
そのうちの1人のPATIENTが100歳の誕生日を迎えましたっ!

昨日まではものすごくボケていたのに、今日のこのPATIENTはシャンとしてた!
visiterがいっぱい来てたし、カードもすごくたくさん届いてた。
その中にエリザベス女王からのカードまでっ!

100年生きると女王からカードが届くんですね☆

日本だったらせいぜい市長か県知事くらいですよね。
この差って何だろう・・・ ( ̄ヘ ̄;)ウーン

午後からパーティーだったので午前中にシャワーを浴びて、
美容師さんが来て髪の毛のセットを。
洋服もよそ行き用を着て準備完了っ!

とても可愛く出来上がってました☆

午後になると更にvisiterが訪れてPATIENTの部屋の回りはすごいことにっ!
でも、会場はコンサーブトリーなので車椅子に乗って移動。
ココから先は平のスタッフは入れなかった・・・

上流階級っぽい人達がシャンパン片手にパーティーをしているのを窓越しに見るだけ・・・

でも、あんなけボケてたこのPATIENTもちゃんと会話できているよう。
内容があってるかは分からないけどね・・・ (;´▽`A``



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





追悼・・・

今日の深夜に私のお気に入りの患者さんの1人が亡くなりました。
とても面白く、ユニークでボケボケしたエッチなJack。
来月で99歳になるところだったのに・・・

申し送りで
「彼が亡くなったよ。 でも、まだ彼の遺体は部屋にあるから。」と。
そのときPATIENTの名前ではなく『body』と言われてて実感・・・

申し送りが終わった後、さよならを言いに行こうとPATIENTの部屋に行ったけど
死後時間が経ちすぎて色の変化にビックリ。

日本にいるとき病院で働いていたとはいえ、
死後直後の患者さんを見ることはあっても
こんなに変色した後の患者さんを見ることはなかったので、
驚いてさよならも言えずに部屋を出てしまいました。

その後、洗濯物をpatientに配ってるときにこのPATIENTのものも入ってて
どうしていいかと他のスタッフに聞くと「部屋に置いておいて。」と。
「えっ。」って顔をするとスタッフが代わりに置きに行ってくれた。

他のスタッフが一緒ならちゃんと「さよなら」が言えるかなと
もう一度部屋に入ってPATIENTの寝ているベッドのすぐ横まで行って大号泣。
スタッフの1人が慰めてくれたけど、余計に悲しくなり涙を止めることがでくなくなった。

あまりに泣くので「スタッフルームへ行っておいで。」と。
スタッフルームで1人で泣いてるとさっきのスタッフが様子を見に来てくれて
「大丈夫?亡くなる人を見るのは初めて?」
「ううん。 でも、彼はとても好きだったから・・・」
「そうね。よく話してたものね。」と介抱してくれました。
その後、紅茶を作ってくれて落ち着いたら戻っておいでと。

このボランティア留学でこんな悲しい経験をするとは思いもしませんでした。
でもこのPATIENTと知り合えた事はとても私にとって意味のあることだったと思います。

羞恥心。

ショック② 必要以上の恥ずかしがり屋?

ロンドンでルームシェアをしていた時には、国によっての文化の違いを肌で感じてました。
2ヶ月の間でルームメイトになったのは5人。
ほとんどはSpanishの子だったけど、他にFrancの子も。

まず、Spanishの子達は基本的に部屋ではブラとパンツだけ!
そんな格好で部屋の中をダラダラしてました・・・
1人部屋なら分かるけど、他に何人か一緒なのに、
部屋の窓開いてるのにブラとパンツだけ!

大らかですねぇ~・・・

シャワーに行くときは部屋ですべて脱いで、バスローブを着るか
もしくはタオルを巻いて部屋を出て行く・・・
着替えはもちろん部屋でするけど、着替えの途中真っ裸状態の時でも
気にしてないからすごいっ!

逆にこっちが気にして見ないようにしたりして・・・

もっとレベルが上がった時にはパンツ一枚で部屋の中をブラブラ~
更にはトップレスで「今日はダンスの試験があるの!」と言って
ダンスを披露してくれたことも・・・

服を着て下さい・・・・・・ ( ̄  ̄;) うーん


部屋の外でもいろんな大胆な格好をしてる方で溢れております。
多少変わった格好しててもそれが個性と認められちゃうんですね。

ホント、大らかなお国です。

おなかを出すファッションでも、日本ならスリムで
全くおなかの出てない子達の特権って感じがあるけど
ココのお国では誰でも許されるファッション。

妊婦さんですか?ってほどおなかの出てる人たちですら出してるからね・・・
私も出そうかしら??

ブラもパンツも見えてても気にしない!
日本みたいに見せブラ、見せパンツをはく必要も無いっ!!
普段はいてるものを普通に見せてますっ!!!

谷間もものすごいⅤカットですよっ! (*ノωノ) イヤン!

私的感覚だと下にキャミソールか何かを着ないと到底着れないぐらいのハイカット!
かわいいんだけど、それが気になって買えない服もいくつあったことか・・・
コチラの人たちは普通に谷間見せてるんだけどね。

でも、その感覚がなれてきた頃には少しくらい谷間見せないと
女性的にいけない気がしてくる。
丸首のシャツをあまり着なくなったしね、特に夏の間は。

そんなカルチャーに染まりつつあるのね、私って・・・



  ← ポチッとお願いしますっ!
  ← ポチッとお願いしますっ!





☆★Translation★☆
目次ですっ!
次へ~ Goッ!
ブログ内検索
ランキングサイト♪

登録しているランキングサイトですっ!
ポチっとクリックお願いします♪





ランキングオンライン






ブログ人気ランキング



ブログランキング・にほんブログ村へ
 

レッツ、イングリッシュっ!

イングリッシュアイランド


アメリカの子供たちが使ってる
英単語のゲーム!


TOEICスコアがすぐわかる!

さぁ、やってみよう!
自分のサイトのアクセスアップを一緒に目指しましょうっ!


ネットでかんたんアルバイト!
コムズリンクスタッフ: 新規スタッフ登録
開始依頼、2万人が登録している コムズリンクスタッフは、ユーザに優しいアフィリエイトを目指します。


アフィリエイトサービスプロバイダー。 
登録も簡単!ワタクシも登録してます!

LinkShare アフィリエイト
アフィリエイトサービスプロバイダー。
一円からの報酬もありますっ!
是非登録をっ!

旅行に行くなら・・・
安い航空券をGET!



楽天で旅行へ...
楽天トラベル

旅立つときは...


ビーチリゾートをはじめとする
格安ツアー満載!

☆★お買い物★☆
海外旅行に行くたびチェックしますっ!

バナー 10000003

これはお得っ♪
懸賞が豪華! 1000万円も当たるかも・・・


フルーツメール

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ページ別ランキング!

Follow my blog with Bloglovin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。